高齢者の怒りっぽい病気は何?まだ知られていない認知症とは?

rebi-tiryou

sup-hikaku


  怒りっぽい高齢者が激増して、新聞やニュースなどで取り上げられることがよくありますよね。

実はその怒りっぽさは、認知症が原因になっている場合が多くあることをしていますか?

 

今回は高齢者を怒りやすくなる認知症についてお話をしたいと思います。

レビー小体型認知症は怒りっぽくなるの?


 小人や虫が見えるといった幻視が見えるようになるのがレビー小体型認知症の特徴ですが怒りっぽくはなるのでしょうか?

 

レビー小体型認知症で怒りっぽくなる理由は、レビー小体型認知症になると幻視が見えてくるのでそれによってもたらされる不安のために怒りっぽくなる場合があります。

 

そのためにレビー小体型認知症の方が起こっている場合にはその原因をゆっくり話を聞いて突き止める必要があります。

 

なかでも多いのが無数の小人から無理難題を四六時中言われている。

夜間に大量の虫が押し寄せてくるので眠ることができずに生活のバランスを欠いてしまっている。

 

このように通常では考えられないような外的要因で強いストレス下にさらされていて怒りっぽくなっている場合が多いようです。

レビー小体型認知症以外の認知症の可能性がある

レビー小体型認知症にかかっていたとしても併発してほかの認知症にかかっている場合があります。

 

その中で最も考えられるのは前頭側頭型認知症(ピック病)という病気になっている可能性が高いです。

 

このピック病というのは主に前頭葉と側頭葉という倫理観などの判断能力を行う脳の1部が萎縮することで症状が現れるようになります。

 

この病気にかかると善悪の判断がつきにくく毎日決まった時間に同じような行動を取らないと気が済まなくなります。

 

そして今までは理性で抑えることができていた部分が抑えられなくなってすぐに起こるようになります。

さらに症状が進行すると万引きなどの犯罪行為に手を染めてしまうという特性があります。

 

どうやったら前頭側頭型認知症(ピック病)になっているかわかるの?

 前頭側頭型認知症(ピック病)にかかっているかどうかの判断は認知症疾患医療センターなどで確定診断を受けることです。

 

レビー小体型認知症になったらほかの認証にはかからないということはありません。

 

レビー小体型認知症とピック病を併発する方は少なからずいます。

 

ほかのアルツハイマー型認知症とピック病併発、もしくはアルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症を併発している高齢者もいます。

 

このように様々な認知症が併発している場合には薬の飲み合わせや治療方法などが変わっていきます。

 

特に薬の効果が副作用とともに著しく出やすいレビー小体型認知症の場合は適切な治療方針が一番の鍵になります。

 

もしこれまで怒りっぽくなかった方が怒りっぽくなった、普通では考えられないような反社会的な行動をとるようになった場合には、ピック病の疑いを持ってもう一度的確な診断を受けるようにしましょう。

 

rebi-tiryou

sup-hikaku

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

認知症最先端研究

rebi-tiryou

認知症サプリ比較

sup-hikaku

【無料】認知症専門メルマガ

メルマガ購読・解除
認知症介護サポーターひなたのメルマガ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

レビー小体型認知症とは

レビー小体型認知症の症状

レビー小体型認知症の治療

レビー小体型認知症の看護介護

レビー小体型認知症体験談

レビー小体型認知症Q&A

スポンサーリンク

最大8,000円割引↓