レビー小体型認知症の初診時に家族は何を伝えればいいのでしょうか?

rebi-tiryou

sup-hikaku


レビー小体型認知症の初診時に家族は何を伝えればいいのでしょうか?

 

家族の様子がおかしくなり、症状をネットで調べていたら、どうやら、レビー小体型認知症の症状に当てはまる。

何日も悩んだ挙句、「いずれは受診をする日が来る。それならば、早く受診をしよう」と勇気を出して病院に電話予約。

 

そして、いよいよ、レビー小体型認知症の診断を受けるために病院へ・・・


本人は、いつも行き慣れていない「病院」という閉ざされた空間へ、緊張しながら足を踏み入れ、いつも以上に神経過敏となっている。

 

医師の前では、自宅では見られないようなしっかりとした受け答えをする本人。

 

「えっ?これじゃ、家でおかしいことしている事をわかってもらえない・・・」


診断の結果、「ストレス性の一時的な見当識障害、うつ傾向」


帰りの帰路では「絶対に、レビー小体型認知症なのに・・・どうして・・・」

 

また一から主治医を探して相談をして、受診をして・・・・・


このようなループを繰り返す、ご家族がたくさんいます。

 


挙げ句の果てに、レビー小体型認知症が重度化してから、やっと治療を開始し始める方も多くいるので、今回は、遠回りしないようにレビー小体型認知症の初診時に家族は何を伝えればいいのか、お伝えします。


【レビー小体型認知症の初診時に家族が伝えるべきこと】

①落ち着かない
②性格が変わった
③買い物のミス
④物忘れを認めない
⑤怒りっぽくなった
⑥被害妄想(お金や大切なものを盗まれた等)
⑦幻覚

※参考:河野和彦「認知症家族を救う劇的新治療」

 

上記7項目について該当する症状があれば、症状が出始めた時期や、具体的な事柄を伝えてください。

 

特に、⑦幻視が見えている、特に子供や死んでいないはずの人物がいる、虫がはい出てくるなどの見え方はレビー小体型認知症特有の症状となりますので、判断基準の大きなヒントとなります。

 

また、⑤怒りっぽくなった⑥被害妄想などは、他者に対して興奮しやすく、攻撃的になる可能性が高いので、薬剤の処方の際には、興奮作用が強く出る薬の処方について、充分に良しと話し合うと良いでしょう。

 

 

【医師がきちんと診てくれているかどうかの判断材料】

医師といっても、内科医、精神科医、脳神経外科・内科医など、様々な医師がいます。

医師の中でも認知症に関する見識がある方とない方は、かなり隔たりがあるのが現状です。

 

ですので、受診を行う患者側にも、きちんと診察をできる医師の見極めが必要となります。

そこで、私がその判断材料を考えましたので確認ください。

 

①レビー小体型認知症症状のみでなく、生活状況など聞いてくれる。
 →小人が見えるなどの幻視といった症状のみではなく、症状が出るに至った原因を生活歴から考えて、問題の根本を突き止めようとする姿勢。

②家族や地域での環境まで考えた治療方針を立ててくれる。
 →病気だけ治れば良いというわけではなく、病気が治るまでの浮き沈みを、家族や地域がどこまで見れるのか、きちんと勘案して、ただ、薬だけ出して月1回の経過報告だけで薬の調整をするだけではない治療方針を考えてくれる。

③家族の意向を聞いてくれる。
 →本人のみでなく、レビー小体型認知症の治療には家族の支援・介護が不可欠です。場合によっては、一時的に本人を支える事にギブアップする家族もいます。しかし、それは本人を見捨てるのではなく、最高の環境で一緒に暮らす日の為の充電期間として、他の方法をケアマネジャーと考えてくれるような、家族を追い詰めない医師であるかどうかです。

④認知症疾患医療センターや地域包括支援センターなど専門機関と連携が取れている
 →レビー小体型認知症の在宅支援には医療のみでなく介護、地域まで必要となります。ですので、ネットワークをきちんと他の専門機関と結んでいるかどうかが大切です。

 

上記の4点すべてを兼ね備えた病院は、なかなか難しいかもしれませんが、現在かかりつけで見てもらっている先生に不満がある場合には、上記の点を参考にしてセカンドオピニオンを受けられることをお勧めします。


以上、本日は「レビー小体型認知症の初診時に家族は何を伝えればいいのでしょうか?」についての回答と補足をお伝えしました。

rebi-tiryou

sup-hikaku

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

認知症最先端研究

rebi-tiryou

認知症サプリ比較

sup-hikaku

【無料】認知症専門メルマガ

メルマガ購読・解除
認知症介護サポーターひなたのメルマガ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

レビー小体型認知症とは

レビー小体型認知症の症状

レビー小体型認知症の治療

レビー小体型認知症の看護介護

レビー小体型認知症体験談

レビー小体型認知症Q&A

スポンサーリンク

最大8,000円割引↓