レビー小体型認知症発症前のサイン

rebi-tiryou

sup-hikaku


レビー小体型認知症に今現在はかかっていないものの,来的にレビー小体型認知症になるというサインがありますのでお伝えします。

レビー小体型認知症の発症以前に見られる症状



・便秘
・嗅覚脱失
・うつ症状
・レム睡眠障害
・起立性のめまい
・失神
上記は症状が軽いものから重たいものへ列挙しています。

そして、レビー小体型認知症の発症前のサインが見られる順番でもあります

例えば、便秘についてはレビー小体型認知症に限らずに、多く見られる症状ですが、それから次の嗅覚脱失においが感じられなくなったり、においの感じ方が鈍くなること)については、普通とは違う「尋常ではない」と、自身で感じるものなので比較的わかりやすいサインであるといえます。

illust3028次のうつ症状については、日頃のストレスや生活環境から来るものもあります。

また、自身では気づかないうちに、うつ症状となっている場合がありますので、自身のみの判断だけでなく、周囲から「最近、元気がないね」など心配の声があがった際には自身を振り返り、必要があれば心療内科への受診を行われる事をおススメします。


また、レビー小体型認知症のサインで、顕著なのが「レム睡眠障害」です。
→ レム睡眠障害の詳細はこちら


米国神経学会でレビー小体型認知症の診断が下りた75人の患者の医療記録のデータを確認すると、幻覚が見えるといったレビー小体型認知症の特徴的な行動が見られた事がある患者よりも、レム睡眠行動障害の被験者のほうが、このレビー小体型認知症を発現する可能性が5倍高かったという発表があります。
ですので、レム睡眠障害が見られる方は潜在的にレビー小体型認知症のリスクを多く含んでいる可能性が高いと思われます。


その他、「起立性のめまい」「失神」が見られるようになると自律神経障害が顕著に現れるようになってきている段階ですので、レビー小体型認知症について不安がある方は早期診断を受ける事が必要であるといえます。

今回示した、レビー小体型認知症のサインとみられる症状は,レビー小体型認知症発症前,早い段階だと10年近く前から見られる場合があります。重複して上記の症状が見られる場合には,予防の一環として適正な診断を受けられる事をおススメします。

rebi-tiryou

sup-hikaku

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

認知症最先端研究

rebi-tiryou

認知症サプリ比較

sup-hikaku

【無料】認知症専門メルマガ

メルマガ購読・解除
認知症介護サポーターひなたのメルマガ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

レビー小体型認知症とは

レビー小体型認知症の症状

レビー小体型認知症の治療

レビー小体型認知症の看護介護

レビー小体型認知症体験談

レビー小体型認知症Q&A

スポンサーリンク

最大8,000円割引↓